八ヶ岳の秋色を見る

広〜い八ヶ岳エリアは、1か月以上にわたって長く紅葉が楽しめます。秋の始まりから晩秋まで、色づいていく景色を見ることができますよ!

10月上旬

  • 八ヶ岳中央農業実践大学校

    八ヶ岳エリアでも早い時期から紅葉を楽しめるスポット。山桜の紅葉から始まり、敷地内や山々が色づいていきます。

    【例年の見ごろ】10月上旬〜
  • 八ヶ岳自然文化園

    園内に白樺や桜などさまざまな木々があるため、早いものは9月下旬から、遅いものは11月上旬までと、長い期間紅葉を楽しめます。

    【例年の見ごろ】9月下旬〜11月上旬

10月中旬

  • 東沢大橋(東沢渓谷)

    「赤い橋」の愛称で知られる八ヶ岳エリア随一の人気スポット。八ヶ岳をバックに紅葉が広がります。橋のすぐ近くに駐車できるスペースもあり、アクセスも便利です。

    【例年の見ごろ】10月中旬〜11月上旬
  • みずがき山自然公園

    奥秩父西端の名峰・瑞牆山を展望する公園。巨大岩峰の裾野に広がる緑が秋になると紅葉し、露わな岩肌を彩ります。

    【例年の見ごろ】10月中旬〜11月上旬
  • 精進ヶ滝と石空川渓谷

    「日本の滝100選」に選ばれた名瀑・精進ヶ滝とその下流に当たる石空川渓谷は、秋には紅葉のなかを散策できるスポットに。遊歩道もあります。

    【例年の見ごろ】10月中旬〜11月上旬
  • 富士見パノラマリゾート

    富士山、南アルプスの北岳、北アルプスの奥穂高岳と日本の高峰を見渡す創造の森。望郷の丘から見下ろすカラマツ林が黄金のカーペットのように染まります。

    【例年の見ごろ】10月中旬〜11月上旬

10月下旬

  • 八ヶ岳高原大橋

    川俣川渓谷にかかる高さ100m、全長490m絶景の橋。北に八ヶ岳、南西に南アルプス、南に富士山と名峰に囲まれたスポットです。秋はカラマツ、シラカバ、ダケカンバ、モミジなどが色づきます。

    【例年の見ごろ】10月下旬〜11月上旬
  • 吐竜の滝

    八ヶ岳から流れ出る川俣川。その東沢の象徴ともいえるのが吐竜の滝です。秋は周囲の渓谷が色づき、見事な紅葉スポットに。遊歩道も整備されているので、散策にもぴったりですよ。

    【例年の見ごろ】10月下旬〜11月中旬
  • 本谷川渓谷

    金峰山を源流にした本谷川は、周辺を含め、「金峰山・瑞牆山源流」として環境省に「平成の名水百選」に選ばれたほどの清流です。その川沿いにはカエデ、ミズナラなどがあり、秋のシーズンは美しい景色を見せてくれます。

    【例年の見ごろ】10月下旬〜11月上旬
  • 尾白川渓谷

    日本百名水にも選ばれている尾白川も紅葉スポットのひとつ。カエデやブナといった木々が周辺の渓谷を彩ります。豪快な旭滝、百合ヶ淵などと紅葉の競演はまさに絶景ですよ。

    【例年の見ごろ】上流(不動滝・神蛇滝付近)=10月下旬〜11月中旬/下流(吊り橋付近)=11月上旬〜11月下旬
  • 水車の里公園

    北杜市武川の田園風景と山並みを楽しめる水車と広場の公園。稲刈りの終わったあとは紅葉のシーズンとなり、田園風景の秋を楽しませてくれます。

    【例年の見ごろ】10月下旬〜11月上旬
  • 富士見高原リゾート

    標高1420mの「望郷の丘展望台」がある富士見高原リゾートの創造の森は、富士山に南アルプスの北岳、北アルプスの奥穂高岳と、日本の高峰ベスト3がすべて見渡せる絶景スポット。秋は望郷の丘から見下ろすカラマツ林が黄色く色づき、黄金のカーペットのように見えるんですよ。

    【例年の見ごろ】10月下旬〜11月上旬

11月上旬

  • みずがき湖

    金峰山・瑞牆山源流が流れ込むみずがき湖。秋になると周囲の山々の紅葉と白い鹿鳴峡大橋が湖面に映る絶好のフォトスポットになります。見られるのは主にモミジ、ミズナラ、ウルシといった木々です。

    【例年の見ごろ】11月上旬〜11月中旬
  • 紅葉橋

    北杜市須玉エリアの塩川上流沿いの渓谷に架かっているのが紅葉橋。かつては増富へと向かう道として使われ、現在では通行止めになっているのですが、現在も近くの駐車場から紅葉を楽しむことができます。

    【例年の見ごろ】11月上旬〜11月中旬

八ヶ岳の秋色を食べる

秋色の楽しみは見るだけではありません! 秋は収穫のシーズン。いろんなところで秋の名物が収穫され、“食べる秋色”を楽しませてくれます。

秋の新そば

新そばのなかでも特に味・香りに優れる
「秋新」は10月下旬ごろから

八ヶ岳山麓は古くからそばの名産地。江戸期には、藩主献上品として地元大名家から将軍へ献上されたこともあります。そんなおそばのなかでも、特に人気なのが秋の新そば「秋新」です。味も香りも豊かな秋の名物で、八ヶ岳エリアのお店でも10月下旬から11月上旬にかけてお店に出始めます。

10月下旬

梨北米

八ヶ岳の清流と土地が育てた
山梨県のブランド米

秋は新米の季節。八ヶ岳エリアでもお米が収穫を迎えます。そのひとつが山梨県の北西部、八ヶ岳南麓エリアで育てられている梨北米コシヒカリです。釜無川、塩川などのミネラルたっぷりの水と長い日照時間、激しい寒暖差に育てられたこのお米は、山梨県を代表するブランド米なんですよ。

10月上旬

浅尾ダイコン

漬け物やおでんの具に人気の
人気ダイコン

火山灰の土壌と大きな寒暖差に恵まれた北杜市明野町はダイコンの名産地。なかでも茅ヶ岳西麓でつくられる浅尾ダイコンは、古くから多くの人に愛されてきました。特に漬け物やおでんなどの材料として人気なんですよ。11月上旬には北杜市浅尾ダイコン祭りといった、浅尾ダイコンの抜き取り体験も楽しめる収穫祭も。

11月上旬

津金りんご

そのまま食べても、
スイーツやドリンクにしても

津金の名産品として知られるのがりんご。そのまま食べるのはもちろん、周辺エリアではジュースやお酒なども販売されています。もちろん、デザートなどフードにも素材として使われています。早いものは9月から、遅い品種だと11月中旬ごろが収穫時期。例年11月中旬にはりんご祭りも開催されています。

9月〜

あけの金時

甘くてスジが少ない
スイーツにピッタリの金時芋

北杜市明野エリアで収穫されるサツマイモ、あけの金時も秋の名物。金時芋の一種なのですが、そのなかでも明野の土地に適したものを選別して生み出されたお芋なんです。小ぶりで甘さが強く、スジが少ないことから、スイーツなどの材料としても人気ですよ。

10月

食用ほおずき

高糖度の甘酸っぱい
栄養たっぷりのフルーツ

ほおずきというと観賞用のイメージですが、実は食用として育てられているものもあります。糖度12〜15度の甘酸っぱくてフルーティな味わいはそのまま食べるほか、ジャムやケーキなどの素材としても愛されているんですよ。ビタミンAや鉄分が豊富で、コレステロールを減らす効果もあるんだとか。

9月