見どころは大きな月! 八ヶ岳自然文化園での「星空観望会」、今年最後は12月17日開催

星の名所として知られる八ヶ岳エリア。1年を通して美しい星空を見ることができますが、なかでも冬は空気が澄んでいて星空観察にもってこいの時期です。

星空観察のイベントも各地で行われています。そのひとつが原村・八ヶ岳自然文化園で行われている「星空観望会」です。八ヶ岳自然文化園で定期的に開催されているイベントで、12月は17日に行われます。

161207haramura_01

この観望会では、プラネタリウムで冬の星座を予習したあと、実際に屋外で八ヶ岳の夜空を観望します。望遠鏡も数台用意され、スタッフが解説してくれますよ。

12月の観望会は、満月から3日目となる日程。月が大きく、クレーターなども見やすいスケジュールです。予約不要ですので、お気軽にご参加を!

日時
2016年12月17日(土) 20:00~21:30(受け付け開始=19:45)
会場
八ヶ岳自然文化園(長野県諏訪郡原村17217-1613)
参加費
小学生以上=500円(予約不要)

詳しくはこちら…
12月の「星空観望会」のお知らせ(17日土曜日開催) – 八ヶ岳自然文化園
http://www.yatsugatake-ncp.com/news/172/

八ヶ岳自然文化園

標高1300m、信州原村の中央高原地帯に八ヶ岳自然文化園はあります。「八ヶ岳の自然とのふれあい」をテーマにしており、八ヶ岳や蓼科山、車山、北アルプスといった山々を臨む立地で、多くの方が四季の植物や景色を楽しみに訪れています。