会場には飲食店出店も! 里山での暮らしや仕事を考える里山session、明日3月24日開催

八ヶ岳南西麓を舞台に、里山での暮らしや仕事、自然環境などについて考えるセッションが行われているのをご存じですか? 八ヶ岳里山研究所が行っている里山sessionです。

このセッションは北杜市、富士見町、原村、茅野市で暮らす人のなかから実践者として注目したい人をピックアップし、写真とともにテーマトークを行うもの。「里山での暮らし方」「里山での仕事」「里山の景観と自然環境」「地域の課題や社会的な問題」「旅」の5つのなかからテーマを選び、パネラーがプレゼンテーションを行っていきます。

明日3月24日は通算6回目の里山sessionの開催日。原村・八ヶ岳自然文化園を会場に、6人のパネラーが登壇し、「なぜ、こんなに人里にツキノワグマが出没するの?」、「1000年先、まで伝えたいハーブの香り。」、「ベースキャンプ的なここ八ヶ岳」といったプレゼンテーションを行います。

プレゼンテーションの前には八ヶ岳を拠点に活動する縄文兄弟リミテッドによるジャンベとパーカションの演奏、プレゼンテーション後にはDJ&フリータイムも。また、沖縄料理でおなじみの「てぃだま〜る」さんによるサーターアンダギー、ちんすこう、ジューシーおにぎりの販売、Tableland・八ヶ岳珈琲工房さんのコーヒー販売などもありますよ。

八ヶ岳での暮らしを楽しく考えられるセッション。ぜひ足を運んでみてください!

日時
2017年3月24日(金) 19:00~(開場=18:30)
会場
八ヶ岳自然文化園(長野県諏訪郡原村17217-1613)
参加費
500円(高校生以下は無料)

詳しくはこちら…
八ヶ岳里山研究所|里山セッション|里山session|八ヶ岳暮らし|八ヶ岳仕事|八ヶ岳景観|八ヶ岳自然環境|
http://yatsugatakesatoyamalab.tumblr.com/post/157047527101/%E9%87%8C%E5%B1%B1session-vol6

八ヶ岳自然文化園

標高1300m、信州原村の中央高原地帯に八ヶ岳自然文化園はあります。「八ヶ岳の自然とのふれあい」をテーマにしており、八ヶ岳や蓼科山、車山、北アルプスといった山々を臨む立地で、多くの方が四季の植物や景色を楽しみに訪れています。