萌木の村の名店・ROCK、いよいよ明日から新店舗で営業再開! グランドオープンは6月上旬

昨年8月に火事で全焼した萌木の村の名店・ROCK。再オープンに向けて着々と準備を進めていましたが、ついに新店舗が完成! 明日4月27日よりプレオープンがスタートします!

営業再開に向けて準備中の店舗さんを見てきました!

ROCKといえば、甲州麦芽ビーフを使ったカレーやステーキ、そして地ビールで知られる清里・萌木の村の象徴ともいえるお店。再開を心待ちにしていた人も多いでしょう。

残念な火事でしたが、再開したROCKはこれまで以上にパワーアップしています。従来の店舗はアメリカンテイストでしたが、新店舗は全体的に北欧ふうで、そのなかに和のテイストを感じる部分が織り交ぜられています。

店内の素材には“メイドイン北杜市”のものもたくさん。中心が八ヶ岳をモチーフにした八角形になっている鉄刀木の円形暖炉や、地元工房らが協力してつくった完全オリジナルのアイアンシャンデリアなど、地元の人たちの力でできあがった素材がそこかしこに置かれています。

音響設備やプロジェクターもパワーアップ! これまで以上にこだわって最高のものをそろえたそうです。

4月27日からのプレオープンは一部メニューでの営業になっていますが、おなじみの看板メニューはさっそく登場しています。甲州麦芽ビーフ一頭買いしてつくったカレーやステーキはもちろん、本格ピザなどのメニューが食べられます。

このピザも実はパワーアップしているんです。ROCKにはもともとイタリアンのシェフがいたのですが、店舗の再建期間中にイタリアへ! 1か月間、本場で修行して戻ってきているんです。新店舗ではその修行の成果を味わうことができますよ。

そして、もうひとつの看板であるビールももちろん登場。プレオープン期間はエールタイプのヴァイスを楽しむことができます。アルコール度数が低めの軽いタイプなのですが、南国ふう風味があり、爽やかなテイストのビールです。春先の今の時期にもぴったりですよ。

ROCKのビールはエールタイプとラガータイプがあるのですが、ラガータイプはもうしばらくお預け。ラガーは醸造に時間がかかる製法のため、完成するまでもう少しかかってしまうんです。

ですが、八ヶ岳ブルワリー最高責任者の山田一巳さんを筆頭にした醸造チームによる仕込みは着々と進んでいます。実際に麦汁を絞っている釜を見せていただいたのですが、まるで和菓子屋さんのような甘いにおいが立ちこめていました。

ちなみに、新店舗では今後、ビールの入ったクリアタンクも登場予定。これまでもビールの仕込み釜は見ることができたのですが、今後は醸造したビールが透明なタンクに入り、種類ごとに色を見比べることができるようになります。

ビールやフードメニューが揃うグランドオープンは6月上旬ごろになる見込みです。それまではプレオープンの形で営業。ゴールデンウィーク後はメンテナンスなどのため、不定期に休業することもあるそうなので、連休後に行こうと思っている人は、萌木の村のホームページ(http://www.moeginomura.co.jp/)やFacebook(https://www.facebook.com/restaurant.ROCK/)をチェックしてからどうぞ!

[プレオープンの営業]
営業
2017年4月27日(木)~ GW中=10:00~23:00/GW後=10:00~21:00
※GW後はメンテナンスのため不定期に休業

最新情報はこちら…
萌木の村 ロック – ホーム
https://www.facebook.com/restaurant.ROCK/

八ヶ岳南麓清里の憩いの郷|萌木の村
http://www.moeginomura.co.jp/