今年は甲斐駒ヶ岳開山200周年! 南アルプスユネスコエコパークの魅力に触れませんか?

160714alps_01

信州諏訪郡上古田村の延命行者・小尾権三郎氏が開山し、今年でちょうど開山200年を迎えた甲斐駒ヶ岳。2014年には甲斐駒ヶ岳のある北杜市白州町及び武川町が、南アルプスユネスコエコパークに登録され、ますます注目を集めています。

160714alps_02

そんな南アルプスの麓で、これまでに多くの登山家を魅了してきた甲斐駒ヶ岳のことがよくわかる「南アルプス・甲斐駒ヶ岳 魅力歴史展」が開催中です。

会場の北杜市・甲斐駒センターせせらぎでは、甲斐駒ヶ岳を中心とする南アルプスに関する写真や、資料などを展示。甲斐駒ヶ岳の魅力がたくさん詰まった展示となっています。

160714alps_03

なかでも注目は、「5合目小屋の模型」。5合目小屋は、甲斐駒ヶ岳黒戸尾根登山道の中腹、標高2170メートルの鞍部にある山小屋で、1984年に小屋開設100周年を迎えた歴史あるスポットです。名物小屋番だった古屋義成さんが1999(平成11)年に亡くなって以来、無人となって荒廃し、今はその姿を見ることができなくなってしまいました。しかし、今でも“古屋義成翁が守った山小屋”として、現在も多くの登山家の記憶に残っています。

160714alps_04

また、「なかなか登山は……」という人は、「甲斐駒ヶ岳 360゜ パノラマVR」で、甲斐駒ヶ岳頂上を楽しんでみるのも楽しいです。スマートフォンやタブレットを使って、自分で頂上に立ったかのような、雄大な風景を見ることができるんですよ!

そして、魅力歴史展が開催されている、甲斐駒センターせせらぎでは、7月16日に記念シンポジウムも開催! プロスキーヤー、登山家として有名な三浦雄一郎氏が基調講演を行い、パネルディスカッションでは、登山家で山岳ガイドの花谷泰広氏や『甲斐駒開山』著者の宮崎吉宏氏などが甲斐駒ヶ岳をはじめとする南アルプスの山の魅力と、これからについて語ります。残念なことに、こちらはすでに定員一杯となってしまいましたが、多くの方が南アルプス・甲斐駒ヶ岳に魅了されているんですね。

160714alps_05

ほかにも、北杜市郷土資料館では7月9日から甲斐駒ヶ岳開山200年記念「甲斐駒ケ岳二百年の祈り」企画展を開催中。こちらは甲斐駒ヶ岳の山岳信仰の歴史について取り上げる初めての試みで、山岳信仰・修験道はどのようなものか、駒ヶ嶽神社と山岳信仰との関わり、明治以降、信仰登山から近代登山へどのように変化したのかなど、さまざまな視点で甲斐駒ヶ岳の山岳信仰の歴史に触れていきます。会期中には、講演会や、学芸員によるギャラリートークも開催予定ですので、ぜひチェックしてください!

資料館甲斐駒開山チラシおもて

資料館甲斐駒開山チラシおもて

資料館甲斐駒開山チラシうら

資料館甲斐駒開山チラシうら

この夏はぜひ、北杜市で南アルプス・甲斐駒ケ岳をいろいろな角度から楽しんでみてください。

[南アルプス・甲斐駒ヶ岳 魅力歴史展]
日時
7月1日(金)~8月31日(水) 9:00~17:00
会場
甲斐駒センターせせらぎ(山梨県北杜市武川町牧原1243)
定休
月曜
問い合わせ
甲斐駒ヶ岳開山200周年記念事業実行委員会事務局(北杜市観光・商工課/551-42-1351
[甲斐駒ヶ岳開山200年記念「甲斐駒ケ岳二百年の祈り」企画展]
日時
7月9日(土)~10月16日(日) 9:00~17:00(入館は16:30まで)
会場
北杜市郷土資料館(山梨県北杜市長坂町中丸1996)
問い合わせ
北杜市郷土資料館(0551-32-6498https://shiryoukannikki.blogspot.jp/

南アルプスユネスコエコパークの情報はこちらから……
南アルプスユネスコエコパーク公式サイト
http://minami-alps-br.org/

南アルプスユネスコエコパーク – YouTube
https://www.youtube.com/channel/UC2urZlBJ78VKxqBtd_W8CtA