メロンより甘い!? 八ヶ岳の新名産、生でも食べられる「八ヶ岳生とうもろこし」今年も予約開始

高原野菜の産地として知られる八ヶ岳エリア。夏はさまざまな野菜が旬を迎えます。そんな八ヶ岳エリアでここ数年一気に人気になった商品があります。原村・HAMARA FARMの「八ヶ岳生とうもろこし」です。

もともと長野県はとうもろこしを栽培している農家が多いエリアですが、このとうもろこしが人気を集めている理由はずば抜けた糖度の高さ。糖度約20度と、一般的なメロンや桃よりも糖度が高い、甘いとうもろこしなんです。

そして、もうひとつの特徴は「生」でもおいしいこと。とうもろこしといえば茹でて食べたりするのが一般的ですが、ジューシーで甘い「八ヶ岳生とうもろこし」は、新鮮なうちに生で食べてもフルーツのようなおいしさがあるんです。

この「八ヶ岳生とうもろこし」は、2015年に「日本ギフト大賞」の長野賞を受賞した頃からどんどん人気に火が付いていき、毎年収穫の時期には全国から予約が殺到するように。八ヶ岳エリアの夏の新名物になっているんですよ。

収穫時期は例年7月下旬から9月上旬にかけての1か月ちょっと。収穫を前に、八ヶ岳の名産品を取り扱う通販サイト・ハチカッテではどこよりも早く予約がスタートしています。

通販ではクール便を使っているのはもちろんですが、当日の朝に収穫したものをその日のうちに発送しているのもポイント。「とうもろこしは鮮度が命」ということで、可能な限り採れたてに近い状態をめざして発送しているんだそうです。

天候などにもよりますが、今年は7月22日ごろから収穫・発送がスタートする予定。新しい八ヶ岳名物、ぜひ試してみてください!

[八ヶ岳生とうもろこし]
出荷期間
7月下旬~9月上旬
価格
5本セット=3000円、10本セット=4000円(ともに送料込み)
販売サイト
ハチカッテ(http://8katte.com/

詳しくはこちら…
HAMARA FARM
http://8katte.com/SHOP/183065/list.html