秋だけの日本酒って知ってる? 七賢の「ひやおろし」、純米吟醸になって今年も解禁!

山梨を代表する酒蔵のひとつ、山梨銘醸。「七賢」の名前で知られる老舗です。

そんな七賢さんの「ひやおろし」が今年も注文受け付けスタートしました。

ひやおろしというのは、秋が旬の日本酒。通常日本酒は冬の寒い時期に仕込むのですが、劣化を防ぐため、昔は春先に火入れをし、大きな樽で貯蔵していました。そうして夏を越して蔵と外の気温が同じくらいになったころ、2度目の火入れをせずに冷やのまま卸していたことから「ひやおろし」と呼ばれるようになったそうです。

半年間ゆっくり熟成されたお酒は、角が取れてまろやかな味わいに。秋だからこその味わいとして、日本酒好きに愛されています。

七賢さんでも毎年、そんなひやおろしを出荷しています。例年は純米酒なのですが、今年は純米吟醸のひやおろし! 凜と澄んでいて濃醇な仕上がりになっているそうですよ。

季節の限定酒ということで、販売は1500本のみ。8月22日までの受け付けとなっていますので、日本酒好きの方はお見逃しなく!

[純米吟醸「ひやおろし」]
受け付け期間
2017年8月22日(火)まで
※発送は8月31日(木)予定
価格
720ml 3本セット=4374円
720ml 6本セット=8748円
720ml 12本セット=1万7496円
販売ページ
七賢WEBショップ 大中屋
http://onakaya-shichiken.com/?pid=121144759

詳しくはこちら…
七賢 〈山梨銘醸株式会社〉 – 投稿
https://www.facebook.com/shichiken/posts/1563363477040088