オーケストラの運営ってどう行われてるの? 芸術を運営視点で知る連続講座「表現者の舞台裏」

美術館やギャラリーも多い北杜市で、この秋、芸術イベントを裏側から知る講座が行われます。連続講座「表現者の舞台裏」です。

この講座は、山梨大学と北杜市の官学連携事業の一環として行われるもの。「舞台奥から眺めるオーケストラ」、「1990年代以降の日本の現代美術~村上隆・笠原恵実子を中心に~」、「地域密着型エンターテイナー、流しの仕事術」というテーマで、芸術イベントがどのように企画され、運営されているかといったを見ていきます。

第1回目の「舞台奥から眺めるオーケストラ」は9月30日に開催。元NHK交響楽団トロンボーン奏者の三輪純生さんと元東京フィルハーモニー交響楽団バストロンボーン奏者の細洞寛さんが講師となり、奏者から見たオーケストラについて講演します。

参加は無料で、申し込みは9月22日まで。興味のある人はぜひお申し込みを!

日時
第1回=2017年9月30日(土)/第2回=10月28日(土)/第3回=11月11日(土) 各14:00~15:30
会場
第1回=長坂コミュニティ・ステーションホール(山梨県北杜市長坂町長坂上条2575-19)/第2回、第3回=山梨県立図書館多目的ホール(山梨県甲府市北口2-8-1)
参加費
無料
申し込み締め切り
2017年9月22日(金)

詳しくはこちら…
連続講座「表現者の舞台裏」開催のお知らせ – 月見里県 星見里市(山梨県 北杜市)公式サイト
http://www.city.hokuto.yamanashi.jp/docs/4633.html