ドラマ『アシガール』ロケ地の富士見町で戦国時代に思いを馳せる特別メニュー「足軽弁当」登場

9月から放送されているNHKドラマ『アシガール』、皆さんご覧になっているでしょうか? 実はこのドラマ、富士見町でもロケが行われた作品なんですよ。

そんな『アシガール』にちなんで富士見町のホテル八峯苑 鹿の湯のレストランなでしこでは、ランチタイムの特別限定メニューが登場しています。その名も「足軽弁当」です。

熱々のほうとう鍋に、山菜ときのこの混ぜごはん、舞茸などの天ぷら、煮物と、秋の旬の野菜もたっぷりメニューです。煮物はドラマにも登場する、芋茎(ずいき)を使った芋がら縄をモチーフにしたもの。ほかのメニューも「戦国時代にもこんな食材を調達して食べていたのかも?」という発想になっています。

ちなみに、同じく富士見町周辺でロケが行われた映画『忍びの国』と『関ヶ原』にちなんだメニューも登場しています。富士見町に立ち寄ったときはこんなメニューも楽しんでみてはいかがでしょう?

[ホテル八峯苑 鹿の湯 レストランなでしこ]
住所
長野県諏訪郡富士見町境12067
営業時間
11:30~15:00(L.O.=14:30)、17:30~20:00(L.O.=19:30)

詳しくはこちら…
レストランなでしこ特別限定メニュー – ホテル八峯苑 鹿の湯(公式サイト)
http://happoen.jp/blog/345-2017-09-27-00-49-16.html