夜が長く一等星も多い冬の夜、望遠鏡でプレアデス星団やアンドロメダ銀河を観察しませんか?

冬至が近づくこの季節は1年でもっとも夜が長い時期。そんな12月に北杜市武川町で星空観察のイベントが開催されます。第7回みあげて星見里inむかわです。

冬は夜が長いだけでなく、明るい一等星が多かったり特に星空がキレイな季節といわれています。ちなみに12月上旬は西の空に「夏の大三角」、天頂付近には「秋の四辺形」、北天には「天の川」なども見られます。「夏の大三角形」、夏以外でも見られるんですね。

そして、このイベントでの主役はプレアデス星団やアンドロメダ銀河。天体望遠鏡を使って遠い彼方の星団や銀河を観察します。

なお、イベントでは暖かいお茶とすいとんが無料サービスされます。寒い冬の夜には嬉しいサービスですね!

参加申し込みは11月30日までですので、気になる人はお早めに!

日時
2017年12月9日(土) 19:00〜21:30
※悪天候の場合は12月10日(日)に順延/開催延期、中止の判断は当日の15:00に決定し、参加者に連絡
参加費
無料(要予約)
※お茶、すいとんサービス
会場
武川運動公園(山梨県北杜市武川町新奥1112)
申し込み
2017年11月30日(木)までに申込書に記入の上、FAX・メール・電話で申し込み
FAX=0551-26-2538
MAIL=mukawa@city.hokuto.yamanashi.jp
TEL=0551-42-1481

詳しくはこちら…
第7回みあげて星見里「初冬の宵の星空めぐり」開催のお知らせ – 月見里県 星見里市(山梨県 北杜市)公式サイト
https://www.city.hokuto.yamanashi.jp/docs/4312.html