自然を知れば、冬の八ヶ岳散策がもっと楽しくなる!? 2月3日、原村で「冬の自然観察会」

関東などでも大雪となった今週、八ヶ岳エリアはそれほど激しい雪にはなりませんでしたが、改めて冬らしい景色になりました。またしばらく雪景色を楽しめそうですよ。

そんな雪の八ヶ岳、普通に見ていても楽しいですが、少し自然について知るとまた違った面白さが見えてきたりします。

2月3日に行われる原村の「冬の自然観察会」は、そんな冬の八ヶ岳散策がもっと楽しくなるイベントです。

定期的に開催されている自然観察会。こちらは春の様子。

これは、原村村づくり生涯学習のひとつである「村民の森づくり専門部会」が、森の保全活動の一環として行っているもの。雪の季節の原村の森を、部会のメンバーなどといっしょに歩いて観察しますよ。

春の様子。

この観察会は、無料なだけでなく事前の参加申し込みも不要。当日、時間までに集合場所に集まればオーケーなので、気軽に参加できるのも魅力です。

大人から子どもまでみんなで楽しめる自然観察会、ぜひ遊びに来てください!

日時
2018年2月3日(土) 9:00〜11:30
料金
無料
集合場所
樅の木荘(長野県諏訪郡原村字原山17217-1729)駐車場
参加対象
雪の中を歩ける方(ゆっくり歩くので健脚でなくても参加可能です)
服装・持ち物
・雪の中を歩ける暖かい服装と靴、帽子、手袋、ストック等
・かんじき、スノーシュー(雪のある場合で持っている方)
・温かい飲み物
・双眼鏡、虫眼鏡、ルーペ
参加方法
事前申し込み不要。開催当日9:00までに樅の木荘駐車場へ集合。

詳しくはこちら…
村民の森『冬の自然観察会』 – 原村
https://www.vill.hara.lg.jp/docs/1342.html