冬の諏訪湖の風物詩・御神渡、今年は起こる? 出現日を当てれば宿泊券や名産品などプレゼントも

寒いほどお得フェアでもここ数日、割引率最大の50%が連続しているように、今週は寒い日が続いています。

寒い日が続くと、冬だからこその景色を見られる可能性も出てきます。八ヶ岳エリアのすぐ近く、諏訪湖で起こる「御神渡」もそのひとつです。

「おみわたり」と読むこの現象。凍結した諏訪湖の氷が割れて、山のように盛り上がる現象を指します。諏訪大社の男神である建御名方命(たけみなかたのかみ)が、女神である八坂刀売命(やさかとめのかみ)に会いに行った痕跡と伝えられてきたものなんですよ。

こちらが御神渡の様子。

寒い日が続くことや雪が少ないことに加え、日中の日差しや風の強さなどさまざまな条件が重なったときにだけ起こる現象で、諏訪市の八釼神社が正式に「御神渡」と認定するのは数年に1回。2000年以降では6回、直近で認定されたのは2013年と、5年前の冬でした。地元にいてもなかなか見ることができない、冬の神秘的な光景なんです。

出現が認定されると神事も行われます。

そんな御神渡の出現を当てる企画も行われています。それが御神渡クイズ。

御神渡が出現する日を予想して応募するクイズ企画で、見事当てることができれば諏訪エリアの地酒やお味噌、宿泊券やお食事券といったプレゼントが当たります。出現しない年も多く、地元の人間でもなかなかピタリと当てるのは難しい内容ですが、その分当てることができればプレゼントがもらえる可能性は非常に高いんですよ。

御神渡クイズ特設ページ。
※クリックで特設サイトへ

ちなみに、御神渡発生のひとつの目安になるのが諏訪湖の全面凍結。過去のデータでも、諏訪湖の全面凍結の発生からしばらくに御神渡が出現していることが多いです。

プレゼントも豊富!
※クリックで特設サイトへ

今年は1月13日に諏訪湖の全面凍結が発生。その後しばらく暖かい日が続いたため、少し御神渡が遠のきましたが、今週は再びかなり冷え込んでおり、改めて期待が高まります。

応募は御神渡が出現した日の前日までに完了していれば有効なので、粘って狙うもよし、早めに予想を決めて応募するもよし。自分なりの戦略で当選を狙ってみてください!

[御神渡プレゼントクイズ2018]
応募方法
公式サイトの応募フォームにて受け付け
締め切り
御神渡発生の前日までに応募完了したものを有効として抽選
公式サイト
御神渡プレゼントクイズ 2018
http://suwalake.com/