春の八ヶ岳で泥んこになってのレンコン掘りはいかが? 信州ふじみおひさんぽ特別編開催

富士見町のいろんな景色を楽しめる信州ふじみおひさんぽ。今年度のスケジュールやコースも発表されていますが、5月には特別編も行われます。

それが「レンコン掘りと井戸尻遺跡コース」です。

まずは富士見町にある縄文時代の遺跡、井戸尻遺跡をめぐります。その後ランチタイムを挟んで、蓮田に入り、どろんこになりながらレンコンを掘る体験をするツアーです。

レンコンは泥のなかで育つので、掘るときは全身泥んこになりながらの作業になります。なかなか大変な作業ですが、春先の蓮田で泥とたわむれる体験も貴重で楽しいですよ。

もちろん掘ったレンコンは持ち帰っていただけます。また、レンコンチップスの試食や蓮茶のサービスも。

ちなみにツアーには近くにある温泉・つたの湯さんの入浴券もついてくるので、レンコン掘りのあとはゆっくり汚れと疲れを落としていってください。

開催は5月27日。定員20名となっていますので、興味のある人はお早めにお申し込みを!

[信州ふじみおひさんぽ特別編「レンコン掘りと井戸尻遺跡コース」]
日時
2018年5月27日(日) 10:00〜15:00
参加費
3500円(井戸尻考古館入館料、昼食、つたの湯温泉券込)
持ち物
着替え、帽子、ゴム手袋、飲み物
※田植え用長靴、胴長は用意しますが、サイズが合わない場合もあります。不安な方はご用意ください。
申し込み・問い合わせ
富士見町観光協会(0266-62-5757

詳しくはこちら…
信州ふじみおひさんぽ特別編「レンコン掘りと井戸尻遺跡コース」 – 富士見町公式ホームページ
http://www.town.fujimi.lg.jp/page/ohisanpo-renkon.html