今日は雪の中の桜も! 標高の低いエリアから開花中の原村の桜スポットをご紹介します

ポカポカ陽気から一転、八ヶ岳エリアは日曜ごろからグッと冷え込むお天気になっています。昨日、今日は場所によっては雪が吹き付けるお天気でしたよ。

今週は明日以降も、先週までに比べると少し肌寒さを感じる日が続きそう。例年より早いスピードで進んでいた桜の開花の進行も、多少ゆっくりになってくるかもしれませんね。

とはいえ、普段は4月中旬以降に開花していく原村の桜も、今年はすでに開花し始めていたりします。今回はそんな原村の桜スポットをご紹介します。

深叢寺(原村)

昨年(2017年)の様子。

原村のなかでは比較的標高の低いエリアにある名所が深叢寺。鐘楼を彩るように桜が咲き、フォトスポットとしても人気の場所です。

例年だと4月中旬から下旬にかけて見ごろを迎えますが、今年は本日の時点でチラホラと咲き始めています。現在三分咲きといったところでしょうか。

2018年4月9日の様子。雪のなか咲く桜が見られました。

ちなみに、本日は雪の中咲く桜という珍しい光景も見られましたよ。

八ヶ岳中央農業実践大学校(原村)

昨年(2017年)の様子。

標高1300mと、標高の高い高原エリアにあるのが八ヶ岳中央農業実践大学校。広々とした敷地には桜も植えられています。

例年の桜の季節は4月中旬から5月初めにかけて。年によってはゴールデンウィークにお花見を楽しめたりもしますが、今年はどうでしょう? 全体的に例年よりも早いペースで桜の開花が進んでいるので、連休前が狙い目になるかもしれません。

八ヶ岳自然文化園(原村)

昨年(2017年)の様子。

同じく高原エリアにある八ヶ岳自然文化園も、例年遅めの桜を楽しめるスポット。4月下旬から5月中旬にかけて野生種のカスミザクラなどを楽しめます。

桜の開花が遅かった昨年2017年は、5月20日ごろまで咲いていたんだとか。今年も桜の季節はもう少し先になりそうです。

樅の木荘(原村)

昨年(2017年)の様子。

温泉・もみの湯と宿泊施設の樅の木荘の前には桜の植えられた広場が。お散歩をしたりしながらお花見を楽しむのにピッタリのスポットです。

ここはソメイヨシノとヤマザクラの2種類の桜があり、ソメイヨシノは4月中旬から下旬にかけて、ヤマザクラは4月下旬から5月上旬にかけてと、時期をずらして楽しませてくれます。

今年もそろそろ開花の時期が近づいてくる頃でしょうか。

【原村の桜情報はこちらで……】
原村の桜情報2018 村内で桜が咲き始めました – 原村
https://www.vill.hara.lg.jp/docs/2766.html