田んぼのアート、いっしょにつくりませんか? 稲絵アートフェスティバルの田植え体験参加者募集

今年もそろそろ八ヶ岳エリアは田植えの時期になります。そして、田植えに合わせて恒例のイベントも始まります。山梨県北杜市で行われる「稲絵アートフェスティバル」です。

「稲絵アートフェスティバル」は、北杜市山根町の田んぼをキャンバスにして、稲で大きな絵をつくるイベント。稲が成長した6月下旬から8月中旬にかけて絵が見ごろを迎えます。

過去の稲絵アートの様子

毎年いろんな絵が描かれているのですが、今年は小学生からデザインを募集し、絵本作家の黒井健さん、松村雅子さんなどの審査で決定されたんですよ。

今年の稲絵アートのデザイン

選ばれたデザインはヤマネをモチーフにしたもの。ヤマネは天然記念物に指定されている動物で、北杜市では市の小動物に選ばれています。

アートの見ごろはもう少し先ですが、稲絵アートは準備から楽しいイベントがスタートします。田植えも体験できるんです。

今年の田植えは5月19日に実施。それに先立って、5月15日まで田植え体験の参加者を募集しています。募集定員は100名程度。田植えを体験できる貴重な機会、ぜひ参加してみてください!

[稲絵アートフェスティバル2018 田植え体験]
日時
2018年5月19日(土)
場所
山梨県北杜市高根町箕輪地内の田んぼ
申込期間
2018年5月1日(火)~5月15日(火)
募集人数
100名程度
問い合わせ
北杜市観光課(0551-42-1351