原村の土蔵に残る「鏝絵」を見学! 鏝絵文化を発信する「まてのくら」オープン記念イベント

「鏝(こて)絵」ってご存知でしょうか? 蔵などに描かれた漆喰の装飾です。日本式のレリーフといったところでしょうか。

原村、富士見町といった八ヶ岳エリアには、土蔵とともにこの鏝絵が数多く残されています。

そんな鏝絵を発信する施設として、今年の夏、原村にオープンしたのが「まてのくら」です。原村郷土館の敷地内に建てられた施設で、1階には鏝絵の資料、2階には昭和に使われた民具などが展示されています。

壁は土蔵によく使われる白と黒のなまこ壁。随所に鏝絵も施されています。

そんな「まてのくら」のオープン記念イベントが10月27日に開催されます。原村の鏝絵めぐりです。

村内に残る土蔵をめぐり、実際に鏝絵を見学します。ガイドさんの解説付きで、秋の原村を散策しますよ。

参加費無料のイベントですので、秋の散策にぜひ遊びに来てください!

[鏝絵めぐり]
日時
2018年10月27日(土) 13:30〜15:30ごろ
集合場所
JA信州諏訪 北部支所(長野県諏訪郡原村230)駐車場
参加費
無料
問い合わせ・申し込み
原村教育委員会 教育課 文化財係(0266-79-7930

詳しくはこちら…
まてのくらオープンイベント 原村の土蔵を彩る鏝絵めぐり – 原村
https://www.vill.hara.lg.jp/docs/3286.html