「鏝絵」って読める? 富士見町と原村、北杜市の美術館で「鏝絵」の企画展を開催中!

「鏝絵(こてえ)」ってご存じでしょうか? 絵と入ってはいますが、紙に描くものではありません。左官職人さんが土蔵などに漆喰で立体的に描く模様を「鏝絵」と呼ぶんです。

八ヶ岳エリアはこの「鏝絵」が街のそこかしこに残っています。古い土蔵はもちろんですが、実は平成に入ってからつくられた新しい土蔵の鏝絵が見られたりします。

そんな鏝絵をテーマにした企画が、富士見町と原村、北杜市共同でスタートしています。それが共同企画展「北杜市・富士見町・原村の鏝絵を巡る旅」です。

160810fujimi_01

八ヶ岳美術館(原村歴史民俗資料館)、富士見町歴史民俗資料館、北杜市考古資料館の3箇所が共同で行っている企画展で、写真の展示などが行われます。富士見町には、鏝絵だけでなく筆で書かれた絵も入っている蔵などもあるんですよ。

ちなみに、この3つの美術館・資料館ではスタンプラリーも実施中。3つの館をすべて回ってスタンプを集めると、オリジナル缶バッジがもらえるキャンペーンです。

美術館・資料館で鏝絵を知り、その後実際にお散歩しながら鏝絵を見てみるなんて休日も楽しいですよ!

[共同企画展「北杜市・富士見町・原村の鏝絵を巡る旅」]
開催期間
7月23日(土)~12月25日(日)
開催館
富士見町歴史民俗資料館(長野県諏訪郡富士見町境7054/9:00~17:00/月曜および祝日の翌日、年末年始休館/大人=300円、小中学生=150円)
八ヶ岳美術館(長野県諏訪郡原村17217-1611/9:00~17:00/年末年始・臨時休館をのぞき年中無休/一般=510円、小中学生=250円)
北杜市考古資料館(山梨県北杜市大泉町谷戸2414/9:00~17:00/祝日を除く月曜および祝日の翌日、年末年始休館/一般=200円、小中学生=100円)
[スタンプラリー]
開催期間
7月23日(土)~3月31日(金)

詳しくはこちら…
原村・富士見町・北杜市で鏝絵展を同時開催!(12月25日まで) – 原村
https://www.vill.hara.nagano.jp/docs/1645.html