日本三大桜のひとつ「山高神代桜」の開花近づく! 「神代桜まつり」は3月下旬からの見込み

そろそろ八ヶ岳エリアも桜の季節が近づいてきました。南北に広く、地域ごとに標高差も大きい八ヶ岳エリアは、4月上旬から5月初旬にかけて、1か月以上桜が続きます。

そんな八ヶ岳の春を真っ先に告げるのが山高神代桜です。

山高神代桜は山梨県北杜市の実相寺にある桜。推定樹齢1800年とも2000年ともいわれる桜で、日本三大桜に数えられています。

例年4月初旬に開花、見ごろを迎えており、今年も徐々に蕾が赤くなりはじめています。暖かい日も多く、例年より少し早く開花を迎えそうな見込みとなっています。

開花を迎えると実相寺では「神代桜まつり」も行われます。屋台なども出店し、賑やかなお花見を楽しめます。

桜の開花状況によって変動しますが、今年は今のところ3月28日から4月中旬にかけての開催予定となっています。

桜の季節を迎える八ヶ岳にぜひ遊びに来てください!

[神代桜まつり2019]
日時
2019年3月28日(木)〜 8:00〜17:00
※桜の開花状況により変動します
場所
実相寺付近(山梨県北杜市武川町山高2763)
駐車料金
普通車=500円、マイクロバス=1000円、大型バス=2000円

詳しくはこちら…
今後の イベント | 神代桜まつり 2019 | ほくとナビ
https://www.hokuto-kanko.jp/event/jindai_sakura_festival_2019