レトロな学校校舎の桜を校庭から! 春の学校に戻れる「津金さくら祭り」は4月14日開催

春の学校といったら満開の桜に囲まれた校舎や校庭をイメージする人は多いのではないでしょうか。大人になって学校を離れてしまうと、そんな景色を外から見ることはあっても、なかでゆっくり楽しむ機会は少なくなります。

そんな「学校の桜」を楽しめるのが「津金さくら祭り」です。これは山梨県北杜市にある三代校舎ふれあいの里で行われる桜のお祭り。ここは明治・大正・昭和の学校校舎が建ち並ぶ施設なんです。ソメイヨシノが植えられた校庭スペースは、このエリアの人気のお花見スポットのひとつになっています。

各校舎はレストランやカフェ、ショップなどになっており、イベントの日以外も桜を楽しむことができますが、桜祭りの日は地元のお店や有志による出店も出てさらに賑わいます。

また、昭和校舎に入っているレストラン・おいしい学校ではお花見給食、明治校舎に入っているカフェ明治学校ではさくら祭り限定の特製ランチが提供されたりと、各校舎の店舗でもこの季節ならではのメニューが。

「津金さくら祭り」は例年見ごろを迎える時期の4月14日に開催。お店のなかから庭を眺めるもよし、校庭のお花見スペースで楽しむもよし。どこか懐かしい校舎と桜の景色を楽しみに来てください!

[津金さくら祭り]
日時
2019年4月14日(日) 10:00〜16:00
会場
三代校舎ふれあいの里(山梨県北杜市須玉町津金3058)

詳しくはこちら…
今後の イベント | 津金さくら祭り | ほくとナビ
https://www.hokuto-kanko.jp/event/tsugane-sakura-2019