真夏の夜にだけ現れる日本一標高の高い“映画館”! 「星空の映画祭2019」は7月26日から

真夏の高原にとびきりロマンチックな映画館が今年もオープンします。原村の「星空の映画祭」です。

「星空の映画祭」は原村・八ヶ岳自然文化園で毎年夏に行われている映画祭。野外ステージにスクリーンが設置され、夜の闇と星空の下、映画が上映されます。標高1,300mと野外では日本一標高の高い場所で開催されている映画祭なんです。

今年は7月26日から8月18日にかけて、8月2日、3日の休映日を挟みながら毎日日替わりで映画の上映が行われます。今回は『ボヘミアン・ラプソディ』や『名探偵ピカチュウ』、『跳んで埼玉』、『グリーン ブック』など、今年公開された新作も含む計9本の映画が毎晩1本ずつ上映されますよ。

映画館で見るのとはまた違う、星空の下での映画鑑賞は毎年人気で、地元の人はもちろん、遠くからやってくるファンもいます。真夏の夜だけ現れるとっておきのスクリーン、ぜひこの夏遊びに来てください!

[星空の映画祭2019]
開催期間
2019年7月26日(金)〜8月18日(日)
※8月2日(金)、8月3日(土)は休映
時間
上映開始=20:00(開場=19:00)
会場
八ヶ岳自然文化園(長野県諏訪郡原村17217-1613)野外ステージ
チケット
前売り券:大人(高校生以上)=1000円、こども(中学生以下)=500円
当日券:大人=1300円、高校生=1000円、こども(小中学生)=500円、障がい者(付き添い1名まで)=1000円、未就学児=無料

詳しくはこちら…
星空の映画祭 公式サイト
https://www.hoshizoraeiga.com/

星空の映画祭 – ホーム
https://www.facebook.com/hoshizoraeiga/