金精軒の美味しさの秘訣、いっしょに収穫しませんか? 自社で育てた青大豆の収穫体験もうすぐ!

信玄餅などで有名な北杜市の和菓子店・金精軒。山梨県外にも多くのファンがいる名店です。

160826kinseiken_01

「安全な和菓子」づくりと「地産地消」をモットーにしている金精軒さんですが、素材へのこだわりの結晶といえるのが青大豆です。実は金精軒さんでは2012年から自社で畑を持ち、毎年青大豆を育てているんです。

160826kinseiken_02

育てた青大豆は、きな粉やずんだ餡の材料に。夏だけの幻のお菓子といわれる「水信玄餅」に使われるきな粉も、この青大豆を使ったものなんですよ。

今年も6月に種まきが行われ、すくすくと成長中。秋には一般参加者を募集しての枝豆の収穫体験も行われます。9月頃には金精軒さんのホームページで募集が始まる予定なので、ぜひチェックを!

ちなみに夏のオススメお菓子、秋のオススメお菓子はこちらでご紹介していますので、お立ち寄りの際の参考にしてみてください。

水信玄餅だけじゃないですよ! 名水でつくられる金精軒のオススメ和菓子をお試しあれ!
水信玄餅だけじゃないですよ! 名水でつくられる金精軒のオススメ和菓子をお試しあれ!
今や全国的に有名になった金精軒の水信玄餅。水そのもののような見た目と、賞味期限がたったの30分という儚さは、まさに幻のお菓子といえます。 でも、金精軒の名物は水信玄餅だけではありません。 … 続きを読む
自社畑で育てた青大豆の収穫も! 八ヶ岳のハーベストが詰まった金精軒の和菓子、秋の注目は?
自社畑で育てた青大豆の収穫も! 八ヶ岳のハーベストが詰まった金精軒の和菓子、秋の注目は?
さまざまな食べ物が収穫の時期を迎える秋。100年以上の歴史を持つ和菓子の名店・金精軒にとっても秋は収穫の時期なんです。 安全と地産地消をモットーに支えられる名店の味 信玄餅などで知られる金 … 続きを読む

金精軒 台ヶ原店

日本百名山の甲斐駒ケ岳、日本名水百選の尾白川、日本の道百選の甲州街道。この3つの日本百選に恵まれたこの地で、明治35年より和菓子を丹精込めてつくり続けている八ヶ岳エリアの和菓子の老舗です。伝統の製法で職人がひとつひとつ心をこめた手作業で、変わらぬ美味しさと同時に新しい味、商品を発信しています。