秋の新そば

おいしいのにはワケがある!
八ヶ岳の新そばの秘密

2種類の新そば、人気は断然「秋」!

「新そば」と呼ばれるものには実は2種類あります。秋口のこの時期に採れる「秋新」と、もうひとつは6月中旬から8月頃に採れる「夏新」です。

種を撒く時期によって収穫時期が変わるのですが、特に人気が高いのは「秋新」。古くから「秋新」の方が味も香りも優れているといわれており、「新そばといったら秋」なんていわれたりもします。

将軍にも献上された名産品

八ヶ岳山麓は昔から蕎麦の名産地で、伝統的に手打ち蕎麦が伝わっているエリア。中世頃は救荒食として、近世には年貢米の上納による主食代わりとして食べられてきました。江戸期になると藩主献上品として地元大名家から将軍へ献上されたこともあるんですよ。

水や自然に恵まれた土地である八ヶ岳ですが、このエリアの蕎麦の味を支えているのは高原特有の気候と土壌。甘みがありおいしい蕎麦の産地として地元はもちろん、さまざまな人に愛されているんです。

おそばの後に温泉はいかが? 八ヶ岳エリアの名湯
おいしいのにはワケがある! 秋の新そばの秘密
新そばまつり2016 スタンプラリー
新そばまつり2016 パンフレットPDF ダウンロードはこちら
天空博 AUTUMN 2016 収穫祭