ゴールデンウィークにもお花見できる!?……八ヶ岳でも開花がゆっくりな原村の桜スポット

今日から4月。今年はまだ寒い日も多かったりしますが、ゆっくり春が近づいてきています。

八ヶ岳も標高の低いエリアではそろそろ桜が咲きはじめる時期ですが、標高の高いエリアは開花はまだまだ先。遅いところだとゴールデンウィークごろに見ごろを迎えるところもあるんです。

今回は八ヶ岳エリアでも開花の遅い原村の桜スポットをピックアップします。

深叢寺

原村でも特に人気の桜スポットである深叢寺。鐘楼をはじめ、桜に囲まれた境内は趣深く、写真を撮りに来る人も多いんですよ。

例年の見ごろ
4月中旬~下旬
場所
長野県諏訪郡原村中新田13512

樅の木荘

高原エリアにある温泉&宿泊施設の樅の木荘の周りにはソメイヨシノとヤマザクラが植えられています。春は広々とした広場が桜に彩られ、散策にぴったり。日帰り入浴もできるもみの湯で温泉に入ったあと桜を楽しむなんていうのもいいですね。

例年の見ごろ
ソメイヨシノ=4月中旬~下旬/ヤマザクラ=4月下旬~5月初旬
場所
長野県諏訪郡原村字原山17217-1729

八ヶ岳中央農業実践大学校

広い牧場で牛などを育てている八ヶ岳中央農業実践大学校。阿弥陀岳をのぞむ壮大な景色は四季を通じて美しいですが、春はヤマザクラが賑わいます。樅の木荘と同じく標高約1300mと高地ですが、こちらは若木が多いためか、やや開花が早いです。

例年の見ごろ
4月中旬~5月初旬
場所
長野県諏訪郡原村17217-118

原村郷土館

江戸末期から明治初期に建てられた住宅を移築し、昭和30年代の農村生活の様子を再現している原村郷土館。敷地内にはしだれ桜があり、ノスタルジックな景色を見せてくれます。

例年の見ごろ
4月中旬~下旬
場所
長野県諏訪郡原村17217-1566

払沢農村広場

中央高原入り口近くにある、子どもの遊び場もある広場スペース。ここにはソメイヨシノ、しだれ桜、八重桜が咲きます。散策の休憩場所にしてもいいですよ。

例年の見ごろ
ソメイヨシノ・シダレザクラ=4月中旬~下旬/八重桜=5月上旬

柏木公民館

遠くには諏訪湖も見える柏木公民館。濃いピンクのコヒガンザクラと、淡い色のソメイヨシノの2種類が咲きます。

例年の見ごろ
4月中旬~下旬
場所
長野県諏訪郡原村柏木8199

室内公民館

八ヶ岳をのぞむ室内公民館。斜面には水仙も咲き、ソメイヨシノとともに八ヶ岳の春を彩ります。

例年の見ごろ
4月中旬~下旬
場所
長野県諏訪郡原村11993-1

柳沢公民館

公園を囲むようにソメイヨシノが植えられています。

例年の見ごろ
4月中旬~下旬
場所
長野県諏訪郡原村511-2

原村の桜スポットについてはこちら…
原村の桜でお花見しませんか – 原村
https://www.vill.hara.nagano.jp/docs/1286.html