「どんなフェスになるか、僕も興味津々です」実行副委員長・小林勉に聞くHi ! LIFE

いよいよ7月15日、16日に迫ったサンメドウズ清里で行われる「Hi ! LIFE 八ヶ岳」。この新しいフェスがどんなものになるのか、どんな可能性を秘めているのか、八ヶ岳天空博覧会では運営スタッフにインタビューを行っています。

音楽も、そしてキャンプやアウトドアも! 清里で新音楽フェス・Hi ! LIFE 八ヶ岳開催
音楽も、そしてキャンプやアウトドアも! 清里で新音楽フェス・Hi ! LIFE 八ヶ岳開催
さまざまなイベントで賑わう夏の八ヶ岳に、今年新たなチャレンジがスタートします。サンメドウズ清里を会場に開催される音楽フェス「Hi ! LIFE 八ヶ岳」です。 標高1600mのサンメドウ … 続きを読む

今回は実行副委員長を務める、清里観光振興会の会長・小林勉さんにお話を伺いました。

僕自身もどんなフェスになるか興味津々です

——小林さんのところにHi! Lifeの話が来たのはいつ頃ですか?

ちょうど1年くらい前かな? このときは南兵衛さん(主催のアースガーデン代表・鈴木幸一氏)を紹介されて、顔合わせしたという感じで、会場もまだ決まっていませんでした。ただ、フェスをやりたいという話はもちろん出ていました。

——八ヶ岳、清里でフェスと聞いたときはどう思いましたか?

それはもうぜひ、と。実はこの話が来る前に、別のところからもフェスをやりたいという話はあって、実現に向けて調整していたんです。その話は残念ながら立ち消えになってしまったんですが、そんなところにHi! Lifeの話が来た。

——タイミングもよかったんですね。

そうですね。しかも南兵衛さんはフェスの運営経験が豊富。そういうノウハウがある人がいるならぜひやってほしいと思いました。FUJI ROCK FESTIVAL(1997年から開催されている音楽フェスティバル)の立ち上げに関わっている人ですしね。FUJI ROCKの第1回目は台風が来ちゃったんだよね。車も動けなくなって、みんな土砂降りで歩いて駅まで行ったっていう、今となってはある意味伝説のフェスだったっていいますよね。そういう大変なフェスの立ち上げを乗り越えてきた人だったら何でもできるだろうという信頼はあります。僕自身も音楽は好きですし、清里で本格的な音楽イベントが始まるというのはすごく期待があります。

——いろんな可能性がありそうですよね。

そうですね。ただ、逆にいうとやっぱりやってみないとどういうものになるか、我々にもわからない部分はあります。もちろん音楽がメインではあるとは思いますが、フェスというのはそれだけじゃないわけですよね? たとえば、今回のHi! Lifeの場合、会場のサンメドウズ清里でキャンプをしたりもする。ワークショップもある。そういうイベントに来る人たちというのがどういう人たちなのか、どういうことをのぞむのかというのは、やってみないとなかなかわかりません。いらっしゃる人たちを含め、どんなフェスになるのかというのを、今年まず見てみたいと思っています。僕自身も興味津々なんです。

清里という土壌だからこその可能性

——実際に形になって初めて見えてくるものもたくさんあるでしょうしね。

ええ。今回は清里観光振興会としてはまず、駅前で開催している清里マルシェを会場のサンメドウズ清里に出張させるということをやりますが、振興会全体として関わる形にはしていません。何しろ1回目ですから、「こんなにすごいフェスですよ」と風呂敷だけ大きく広げても仕方ない。「そういうフェスがあるならぜひ関わりたい」という人に声をかけて、まずは楽しみながらやってもらおうと。

——よりモチベーションの高いメンバーで土台をつくる、と。

1回実際にやることで地域の人たちもこのフェスがどんなものかというイメージができるようになりますし、そうすれば「こういうフェスなら自分たちもこんなことをしたい」と声を上げる人も増えてくると思います。

——清里はサンメドウズ清里だけでなく、観光資源や施設も多い。そういうものとリンクしていくと可能性はもっと広がりますよね。

泊まるところにしても「選択肢がある」というのはひとついいことかもしれませんね。サンメドウズでキャンプすることもできるけど、会場から駅前付近まで降りてくればホテルやペンションもたくさんある。会場だけでなく、ホテルやペンションを選ぶ人も増えれば、このエリアとしてもこんないいことはないですよね。イベントとしてもゆくゆくは会場にとどまらず、エリア全体として盛り上がるなんてことになるといいなと思っています。

——清里はイベントも多いですもんね。

たとえば「日本一の朝プロジェクト(朝プロ)」なんていうのもやっていました。このイベントではプロのミュージシャンを招いてライブを行ったりもしていた。今後、そういう今までのつながりをHi! Lifeにも活かせるかもしれない。逆に、Hi! Lifeに来たアーティストの方がこの場所を気に入ってくれれば、フェス自体の前日や夜に清里エリアでミニライブみたいなことをしてもらうなんて可能性もありますよね。ホテルやペンション、萌木の村など、ちょっとしたライブができる場所はたくさんありますし。

清里という場所の気持ちよさだけはわかっている

——清里という土壌とうまく組み合わせられれば、フェスの可能性は何倍にもなりそうですね。

ええ。メイン会場だけでなく、街のいろんなところでフェスを盛り上げることもできるかもしれない。それこそ、フェス当日だけでなく、1週間くらい街全体が音楽にあふれるというようなことになれば面白いですよね。とはいえ、それもまずは1回やらなければ広がっていきません。

——いろんな可能性の第一歩というわけですね。楽しみです。

僕ら自身もこれからどうなっていくかはもちろん、第1回目がどうなるか、ふたを開けてみないとわからないことばかりです。ただ、サンメドウズ清里という場所のロケーションの良さというのだけはよく知っています。あの景色と音楽の組み合わせは音楽好きの人にとっては至福だと思います。

——何をやっても気持ちいい場所ですもんね。

そう。まずはそういうシチュエーションに浸りに来てほしいと思っています。あとは天気に恵まれることを祈っています。

日時
2017年7月15日(土)~7月16日(日)
会場
サンメドウズ清里(山梨県北杜市大泉町西井出8240-1)
料金
入場券=6300円/日帰り駐車券=1000円/オートキャンプセット(入場券)=6300円/オートキャンプセット(オートキャンプ券)=6000円/手持ちキャンプセット(入場券)=6300円/手持ちキャンプセット(キャンプ券)=4000円
事務局
アースガーデン(http://www.earth-garden.jp03-5468-3288info@hi-life.jp

Hi! Life八ヶ岳関連インタビュー…
「Hi ! LIFE」はガンダムになれるか!? 音楽フェスの可能性を仕掛け人・鈴木幸一に聞く – 八ヶ岳天空博覧会
https://tenkuhaku.com/special/3461/

「ひとりで来てもここに来れば友だちに出会えるよ」実行委員長・川嶋直に聞くHi ! LIFE – 八ヶ岳天空博覧会
https://tenkuhaku.com/special/3512/

Hi ! LIFE 八ヶ岳についてはこちら…
Hi ! LIFE 八ヶ岳(ハイライフ 八ヶ岳)
http://www.hi-life.jp/

サンメドウズ清里

山梨県の高原に位置する、サンメドウズ清里。
都心からわずか二時間の好アクセスながら、とびきりの美味しい空気が待っています。
パノラマリフトで山頂までの空中散歩を楽しんだ後は、清里テラスの屋外ソファでくつろぎのひとときを。
目の前に広がる南アルプスや富士山の絶景をじっくりと堪能できます。
眺め抜群の清里カフェでは、フルーツをたっぷり添えたパンケーキを。
ふもとのレストラン「サンダンス」では、地元野菜を心ゆくまで味わえるナチュラルブッフェも魅力です。
とびきりのおいしさと開放感で、皆様をお迎えいたします。