赤石山系を水源に持つ富士見町で、旬の高原野菜を使った洋食はいかが? 地元に愛されるかぶと

山野草にあふれる夏の入笠山は“天空のお花畑”と呼ばれるスポット。マウンテンバイクの大会など、アクティビティの名所でもあり、夏にお出かけする人も多いです。

160706kabuto_01_R

そんな富士見エリアで食事をするなら、オススメのひとつなのがレストラン かぶとです。

赤石山系を水源にした富士見エリアで愛されるレストラン

南アルプスとも呼ばれる赤石山脈にほど近い場所にあるかぶとは、もうすぐ開業50年を迎えるレストラン。1967年のオープン当初は、まだ目の前を通る国道20号が砂利道だったとか。素材はできる限り地元産のものを使用し、手づくりを貫いてきた地元で愛されるお店です。

この辺りは赤石山脈系の水を水源にしており、その水を使う酒蔵などもある土地。八ヶ岳の湧水群など、水の恵みが多いエリアなんですね。

旬の大玉トマトをまるごと1個使った洋食メニューも

160706kabuto_02_R

写真の「豚ステーキ」(1590円〜)や、「ハンバーグステーキ」(1160円〜)、「ナポリタン鉄板焼き」(980円〜)など、洋食系メニューが中心のかぶとですが、この時期の旬をいただくなら「焼きトマトとハンバーグのトマトクリームソース」(1520円〜)がイチオシのひとつ。

160706kabuto_03_R

旬を迎える大玉トマトをまるごと1個使ったボリューム満点のメニューで、富士見町の高原野菜グルメサミットにも登録されている一品です。

160706kabuto_04

なお、メニューは単品か定食、セットが選べます。もっと野菜を食べたいという人は、「生ハムと野菜のサラダ」(980円〜)などをいっしょに頼んでもいいですよ。

富士見パノラマリゾートなどへ来たときのディナーやランチに!

160706kabuto_05_R

富士見パノラマリゾートへの観光やレジャーで来た家族連れやカップル、一人旅の人など、さまざまな人が訪れるかぶと。

富士見エリアへの旅行ルートに加えてみてはいかがでしょう?

レストラン かぶと

昭和42年、国道が砂利道だった頃に開店。いまもその頃の味で提供させていただいております。ナポリタン、鉄板焼き、ハンバーグステーキ等、お楽しみ下さい。

住所
長野県諏訪郡富士見町富士見1892
営業時間
ランチ=11:30~14:30/ディナー=17:00~20:30
定休日
木曜(祝日の場合は営業)
平均予算
980円~
予約
カード
不可
席数
42席
喫煙
不可
アクセス
車=諏訪南I.C.から約5分(国道20号沿い)
駐車場
15~18台
電話番号
0266-62-5073