山頂からオフロードを駆け下りるアジア屈指のMTBパーク
富士見パノラマリゾート

八ヶ岳エリアの広大なフィールドは散策や登山だけでなく、さまざまなアクティビティの舞台ともなります。そのひとつがMTB(マウンテンバイク)。山野草の宝庫であり、冬季にはスキー場としても賑わう富士見パノラマリゾートは、国内最大級のMTBパークでもあるんです。
\

最長8km、高低差730mのダイナミックコース

入笠山の一角に位置する富士見パノラマリゾートは、最長約8km、高低差730mという本格的なダウンヒルを楽しめるMTBフィールド。国内はもちろん、アジアを見渡してもこれだけの広さを誇るMTBフィールドは珍しく、国内外から多くのプレイヤーがやってきます。また、全日本選手権マウンテンバイクなど、多くの大会の会場にもなっています。
\

激しい自然を駆け抜ける本格ダウンヒル

多彩なコースがある富士見パノラマリゾート。なかでも林道を利用した本格ダウンヒルは、オフロードの楽しさ、激しさを満喫できるコースです。
石や砂利などに加え、緩いジャンプスポットなどがある初級コースから、激しい傾斜や隘路、岩や木の根などのオフロードならではの障害物も多い上級コースまで用意されており、プロのスキルアップなどにも使われています。
\

ゴンドラ・リフトで一気に山頂スタートへ

冬はスキー場にもなる富士見パノラマリゾートは、ゴンドラ・リフトがあるのも魅力。コースのスタート地点へも楽々移動し、本格ダウンヒルを楽しむことができます。
山頂エリアから林道を一気に下る疾走感は抜群です。
\

MTBデビューしたい人向けのコースも

プロも練習に使う本格コースがある富士見パノラマリゾートですが、初級者がMTB入門として楽しめるコースも用意されています。
初めての人もMTBをレンタルでき、基本的な乗り方なども教えてもらえるので、MTBの走行に慣れることからはじめたい人も楽しめます。走行に慣れたら森のなかへ! 少しずつステップアップし、木々のなかを走り抜けるコースや急斜面を走るコースなどへも挑戦できます。