八ヶ岳の星空って何がすごいの? 星空案内人・小塩智也さんに聞く八ヶ岳の星の魅力!【前編】

星の名所と呼ばれる八ヶ岳エリア。星空にまつわるイベントや施設も数多くあります。でも、「八ヶ岳の星空ってどうすごいの?」「星空ってどんなふうに楽しめばいいの?」と思っている人も多いのではないでしょうか?

今回はスターオーシャン八ヶ岳の運営にも関わる八ヶ岳グレイスホテルの小塩智也支配人に改めて星の楽しみ方、八ヶ岳の星空の魅力をうかがいました!

レンズを通すと「星空は毎日違う」がハッキリわかる

——そもそも小塩支配人が星空にハマったきっかけって何ですか?

小塩 最初のきっかけは仕事でした。八ヶ岳グレイスホテルのある野辺山高原は2011年に日本三選星名所に選ばれ、年々星空観察にいらっしゃるお客様が増えています。そういった方をお迎えするのに、私が何も知らないというわけにはいきませんから。それで本格的に勉強を始めて、「星空案内人」の資格を取ったりしたんですが、勉強しているうちにすっかりハマってしまって(笑)。今では毎晩夜空を見上げるのがクセになってますね。「今日はダメか」とか「今日はいいぞ!」とか。それで、天気のいい日は仕事が終わった後にそのまま星を見に行くようになってます。気がつくと夜中の3時くらいになってたり(笑)。

——星が好きな人はかなり長い時間見ますよね。初心者からするとすごくきれいだけど15分くらいすると何を見ればいいのかわからなくなったりしてしまうんですが。

小塩 私の場合は写真を撮るようになってまた一気にハマりましたね。その日見た星空を思い出として記録しておきたいと思って撮り始めたんですけど、どんどん好きになって一眼レフのカメラを買ったりしてます。写真を撮るようになると星空がどんどん変わっていくのがハッキリわかるんです。昨日撮った写真と今日撮った写真では全然違う。それは天気であったり、ちょっとした雲の加減だったり。もちろんロケーションによって景色は変わりますから、いろんな場所を回りたくもなってきます。それでベストショットをめざして粘ったりいろんなポイントを回っていると1日ではとても足りない(笑)。

小塩支配人が撮影した写真。八ヶ岳のシルエットの上に星空が広がる1枚

小塩支配人が撮影した写真。八ヶ岳のシルエットの上に星空が広がる1枚

——確かに写真を撮ると景色の違いってすごくよくわかるようになりますよね。

小塩 星空の場合は、見えにくいものもハッキリわかったりします。肉眼では見えづらい星もレンズには映っていたりするんです。それがまた楽しくて。

仕事帰りに東京から来る人もいる抜群のアクセス

——このエリアも写真を撮りに来る人は多そうですよね。

小塩 多いです。リピーターになって何度も来る人もたくさんいらっしゃいますよ。八ヶ岳エリアは都心から近いというのも大きいです。中央線や中央自動車道があるのでアクセスがよくて、都心から2時間ちょっとで来られますから。なかには金曜の夜に仕事が終わってから「今日は天気がよさそう」って思い立って、そのままこっちに来る方もいます。

——確かに意外と気軽に来られる距離ですよね。

小塩 日帰りする方もいらっしゃいますよ。平日の夜に車でいらして、明け方帰ってまた仕事へって。

——それはすごい! やっぱり実際見える星空もすごいんでしょうか?

小塩 とにかく空が澄んでいて光が少ないので、小さな星もしっかり見えます。たとえば、冬のだと「すばる」という牡牛座を構成する星があるんですが、これはプレアデス星団という複数の星の集まりです。これが都会だと2〜3個くらいしか見えないんですが、八ヶ岳エリアだと8個とか見えたりします。オリオン座なんかも真ん中の3つ星の下に「小三つ星」という小さな星があるんですが、それもちゃんと見える。こういう小さな星が見える場所はなかなかありません。

——まさに「満天の星」を見ることができるわけですね。

小塩 流星も見えやすいんですよ。流星というと流星群のようにたくさん流れる日にしか見られないというイメージですが、実はけっこう頻繁に流れているものなんです。ただ、これも都心ではなかなか見えない。八ヶ岳エリアではずっと眺めているとけっこう見れたりするんです。そういう星の名所といわれる場所はたくさんありますが、これだけ都心からアクセスがいいのはまずないです。

——ふらっと向かえる名所というわけですね。

小塩 そういうこともあってか、八ヶ岳エリアはプライベートなスポットと感じている人が多い印象です。ほかの場所だとツアーなどが多いエリアもあって、それはそれで素敵なんですが、この辺りはひとり旅とかカップル、ご夫婦と少人数で来る方が多い。リラックスしてのびのび楽しめたって気に入って何度も来るようになる方がたくさんいます。

インタビューの後編はこちら >

八ヶ岳グレイスホテル

野辺山高原の自然のなかにたたずむ高原ホテル。ゆったりとした客室から八ヶ岳連峰と星空の絶景が望めます。また、星ソムリエによる無料の星空鑑賞会が毎晩行われている、星を楽しめるホテルとしても人気です。

住所
長野県南佐久郡南牧村野辺山217-1
チェックイン/アウト
15:00/10:00
参考料金
1万2000円(1泊2食付き)
部屋数
48室
カード
ペット
不可
喫煙
喫煙室あり
駐車場
70台
アクセス
車=中央自動車道・長坂I.C.から約25分/電車=JR野辺山駅から無料送迎バスあり(車で約5分)
電話番号
0267-91-9515
ホームページ
http://www.y-grace.com
http://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/38754/38754.html